白髪が現れるようになり、もう白髪対策を考えるようになりました。

中学校の間ぐらいから

コスメに興味を持ち動き出し

女性が訴えるコスメやスキンケアに

至極興味が湧いていました。

女性がいない間に

見よう見まねで使ってみたりという

何かと試していました。

中学校3年生の時、夜に女性が

鼻の要素を純白として客間から出てきて

抱腹絶倒していましたが

それを剥がした際、目にした物は

黄色い物体が無数にあり驚きました。

女性が毛孔のシミだと言い

私も、こんなにも汚れているのかなっと

逆に心配になりました。

女性が業に行ってる間に

コッソリと自分で試して使ってみましたが

女性のようには取れず

安心していましたが

一度、毛孔ルートをしてから

間もなく毛孔が多くなったように思えました。

そしたら大人になるにつれ

毛孔の開きが増え続けて

毛孔ルートをする度に

女性のように、ゴッソリと落ちるようになりました。

わたくしが、そのゴッソリ取り込める毛孔のシミが

相当興奮というか

スッキリしたようにも思えて

毛孔ルートをする頻度も目立ち始めました。

気付けば毛孔は解き放ちっぱなしとして

ひいては、毛孔につまる黒ずみへって変わります。

自分の顔を探るのも不愉快にるぐらいです。

イチゴ鼻はファンデーションで隠れるものの

スッピンになり鏡を見ると、黒ずみが無数に見える。

さすがに、このままだと顔概観に

黒ずみができみたいという興奮を貰い

肌を痛める毛孔ルートの需要を中止しました。

毛孔の黒ずみが気になり、調べた利益

開いた毛孔のシミが酸化し

黒ずみとなっている事を知りました。

毛孔の奥までシミを服するようにシャンプーをするのがいのちについて。

きちんと泡立てキメ細かな泡を創り

念入りにシャンプーを通じて

直後、直ちに毛孔を塞ぐように

スキンケアを入念にしました。

スキンケアには、結構時間がかかりますが

そのお陰様のようで

完全には黒ずみは消えていませんが

毛孔ルートをよくしていた頃に比べて

随分と熟練されました。

毛孔ルートのゴッソリもらえる気持ち良さに

こちらはハマっていきましたが

それだけ、肌の被害があり

逆に毛孔ルートを通じて

いくらでも毛孔が開いている事が分かりました。

毛孔ルートはその瞬間、一時的なものであり

毛孔のシミは熟練されません。

逆に悪化して出向く片方だ。